学会認定運動器看護師制度

専門委員よりメッセージ

江口 英範 (理学療法士)  所属:帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科

年を追うごとに本学会の会員数が増え、学会認定運動器看護師の数も着実に増加していることは、喜ばしいことと感じております。ただ、学会組織が大きくなるとエビデンスを求めた研究に偏在し、個々の症例が軽視されがちになる傾向があります。我々理学療法もそうですが、個々の症例の検討に立脚した経験数が臨床での力になってきます。また、学会認定看護師の名称のみを希求し、その獲得や維持が目的となることが起こってきます。これは、本来の「運動器の障害に伴う看護の実践の質向上」のための学会認定看護師制度から逸脱することになります。このようなリスクを極力抑制しながら、本学会が益々発展していって欲しいと考えております。

落合 直之 (医師)  所属:キッコーマン総合病院

日本は超高齢社会に直面する先進国の中のパイオニアである。現在誕生する子供たちの平均余命は100歳にならんとしている。つまり慶ばしい反面、日本は高齢者看護では未知の世界の開拓者でもある。内科領域では身体、精神、経済の領域での脆弱性で捉えるフレイル症候群を提唱している。整形外科領域では内科領域に先立って、特に足腰の脆弱性による運動器障害すなわちロコモティブ症候群を提唱してきた。運動器看護においても、運動器疾患患者を手際よく治療し社会復帰させる治療現場だけでなく、予防医学的側面での活動も期待されるところである。

和田上 貴昭 (社会福祉士/精神保健福祉士)  所属:日本女子大学家政学部児童学科

近年の科学技術の発達は、専門性の裾野を広げるとともに、深化させる方向に進んでいます。看護学も例外ではありません。医学の進歩に伴い、様々な状態の患者さんが医療機関を訪れます。ジェネラリストは必要ですが、すべての専門性をカバーしようとすれば、深みに欠けることになり、結局、最新の知見を必要な人に提供することはできなくなります。その領域に深い知識や技術、価値などの専門性を持つ専門職が必要となります。
日本運動器看護学会の認定資格制度が担う役割はまさにこうしたスペシャリストの養成です。社会的に大いに意義のある資格制度だと考えます。

(五十音順)

TOP