学会認定運動器看護師制度

書類審査・認定手続きについて

1. 書類審査・認定手続きの流れ

学会認定運動器看護師は、受験資格要件を満たした者に対する書類審査および認定試験により合否判定がなされ、理事会による承認をもって認定されます。
5年ごとに書類審査による更新が必要です。
詳しくは、「日本運動器看護学会認定運動器看護師申請の手引き」(1部1,000円)をご購入の上、ご確認ください。

autho02

「日本運動器看護学会認定運動器看護師申請の手引き」購入お申し込みフォーム

2. 書類審査・認定試験申請資格

学会認定運動器看護師の書類審査・認定試験を受験するには、下記の資格要件を満たしている必要があります。

  1. 日本運動器看護学会会員であること
  2. 看護師としての実践経験が5年以上あること
  3. 運動器領域(整形外科、脳神経外科、脳神経内科、リハビリテーション系の病院・クリニック・専門施設等)での実践経験が3年以上あること
  4. 上記条件を満たし、かつ、日本運動器看護学会認定運動器看護師育成講座の全コースを受講し500ポイント獲得した者、または、同育成講座の該当ポイントを獲得し、育成講座と同等の履修が修了していることを「日本運動器看護学会認定審査委員会」が認めた者(詳しくは、申請の手引きをご覧下さい)
  5. その他、1)から4)に該当する要件を満たすことを日本運動器看護学会理事会が認めた者

 

TOP